ノンシリコンシャンプーで髪がギシギシ・どんな問題があるの?

ノンシリコンシャンプーで髪がギシギシ・どんな問題があるの?

髪にいいと思って使い始めたノンシリコンシャンプーなのに、使ってみたら髪がギシギシに。なぜ髪がきしむのか、その原因は何なのか。対応策はあるのでしょうか。

 

ノンシリコンシャンプーには、コーティング剤であるシリコンが含まれていません。髪の毛がコーティングされていないので、シャンプー時に髪がきしむ、髪の毛が絡まってもつれるといった声もあります。ですが、コーティングがされていないということは、それこそが髪本来の姿。ノンシリコンシャンプーのせいで髪がきしむというわけではなく、もともとの髪の状態がそうだということです。髪が傷んでいる人のほうがよりきしみを強く感じるかもしれません。

 

ですが、ノンシリコンシャンプーはキューティクルを傷つけません。髪にダメージを与えないので使っているうちに徐々にきれいな髪になっていきます。また、ノンシリコンシャンプーで洗った髪はコーティングされていないため、次に使うトリートメントの成分が浸透しやすいのです。保湿効果やダメージ補修力が高いトリートメントを選べば、傷んだ髪もより早く改善に向かうでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーを使って髪がぎしぎしする理由は、シリコンというコーティング剤が入っていないことで、髪がスッピンの状態になるからなのですね。シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えたばかりだと、ギシギシ感に不安になるかもしれませんが、使っていくうちに徐々に髪の状態はよくなっていくはずです。きしみが気になってもすぐに使うのをやめるのではなく、しばらく使ってみてはいかがでしょう。