ノンシリコンシャンプーの危険性や主な副作用

ノンシリコンシャンプーの危険性や主な副作用

数あるノンシリコンシャンプーの中には、危険なものもあるのでしょうか。結論から言うと、人体に害を及ぼすような危険性や副作用が出るようなものはありません。少なくとも日本では、そんな危険な商品を販売することはできませんので、安心して使ってよいでしょう。

 

ただし、すべてが100%安全というわけではなく、なかには頭皮トラブルにつながる場合もあります。ノンシリコンシャンプーと言うと、一般的に頭皮の汚れが取れてスッキリすると言ったイメージがあります。実はそのスッキリ感を出すために、石油系の強い洗浄成分やアルコールを配合しているノンシリコンシャンプーもあるのです。

 

洗浄成分が強すぎると、皮脂が過剰に取り除かれることで頭皮が乾燥し、その乾燥を補おうと余計に皮脂が分泌されるという悪循環に陥りかねません。その結果、髪のパサつきやフケ、かゆみなどのトラブルを引き起こすことがあります。特に、薄毛や抜け毛に悩んでいる男性は、皮脂を取り除こうとスッキリ感の強いシャンプーを選びがちですが、逆効果になることも知っておきましょう。

 

人体に危険が及ぶようなノンシリコンシャンプーはないと言えます。ですが、スッキリ感や爽快感を求めすぎると、洗浄成分が強くなり、いくらノンシリコンシャンプーでも、刺激の強いものになってしまいます。ノンシリコンシャンプーを選ぶ際は、なるべく自然な成分でできた、頭皮にやさしい商品を選ぶようにしましょう。