ノンシリコンシャンプーを使用すると頭皮の臭いが強くなるの?

ノンシリコンシャンプーを使用すると頭皮の臭いが強くなるの?

ノンシリコンシャンプーを使い始めた人の中から頭皮の臭いが気になり始めた、加齢臭のような臭いがするなどといった声を聞くことがあります。ノンシリコンシャンプーを使うと、頭皮の臭いが強くなるのでしょうか?

 

臭いの原因として考えられるのが二つです。

 

一つ目は、ノンシリコンシャンプーの中に含まれる油分が酸化して臭いの元になっていること。シリコンには髪をコーティングし、摩擦や熱のダメージから髪を守る効果があります。そのシリコンが入っていないノンシリコンシャンプーは、シャンプーやドライヤー時のダメージを受けやすく、ダメージを最小限に抑えるため、シリコンの代わりに油分が使われていることが多いのです。その油分が酸化し、臭いの元になっている可能性があります。臭いを防ぐには、シャンプー後のすすぎをしっかりと行い、油分を落としきることが大切です。

 

二つ目は、シャンプーの洗浄力が弱く、頭皮の汚れが残っていることです。ノンシリコンシャンプーはシリコンシャンプーに比べて、頭皮への優しさを考え、洗浄力の弱い成分が使われていることが多いです。そのため、泡をたてずに洗ったり、洗う時間が短かったりすると、頭皮の汚れが落としきれず、蓄積された汚れや皮脂が臭いの元となってしまいます。ノンシリコンシャンプーを使う際には、ブラッシング、予洗いを行い、手の平でシャンプーを泡立てた後、頭皮をマッサージするように優しく洗いましょう。

 

以上のように、ノンシリコンシャンプーの特徴を踏まえた上で、丁寧なシャンプーを行うこと、しっかりとすすぎきることで臭いは気にならなくなるはずです。それでも臭いが気になる場合は、成分が頭皮や髪質に合っていない可能性があります。無理に使って頭皮の炎症などを引き起こす場合もありますので、シャンプーの種類を替えてみるのも一つの手です。